我が家のカブクワ紹介

我が家のカブクワ紹介
現金がどんどん貯まるオンラインモール

こんにちわ!yammy(やーみぃ)です !

早速ですが、我が家のカブクワさん達のご紹介をさせて頂きたいと思います。
といっても、自慢出来るほどのものではありませんが(;^ω^)



*以下カブトムシ・クワガタの成虫・幼虫の画像が出ますので、苦手な方はご注意ください。

ノコギリクワガタ

早速ですが、我が家のカブクワ達をご紹介させて頂きます。

まずは、クワガタと言えばこいつらでしょ!

 

ノコギリクワガタ

近所の山から採ってきました。
♂2匹 ♀3匹でしたが、つい最近♂1匹がお亡くなりに(T ^ T)

次世代を残そうと、採ってきてすぐにペアリングさせ産卵セットへ投入し、約1ヶ月後の7月17日に割出したところ、幼虫達が44匹も取れました!

10匹前後採れればいいかな。なんて思ってましたが、思わぬ収穫に!

我が家用に8匹だけ残して殆どの幼虫達は譲ってしまいました。
現在は800ccのボトルにマットを詰めて管理中。(ただ、1匹はプリンカップの中でお亡くなりになってたので、現在は7本のボトルを管理してます)

ミヤマクワガタ

続いては、ミヤマクワガタです。
私の住む地域では、ノコギリクワガタが主流で子供の頃からミヤマクワガタは憧れの的てきな存在。
勿論、近所の山で採れる訳もなく、ミヤマを飼ってるとヒーロー的な扱いを受けました(*´-`)

そこは時代が変わっても一緒なんですね。
長男はミヤマが一番好きらしく、近所の山でノコギリしか採れずにがっかりしていたので、夜な夜な奥多摩方面に何度か足を運びましたが、ライバル達が多く、ボウズに終わってしまいました(>_<)

ある日、ヘラクレス用のマットを買いにペットショップに行くと、そこには檜原村産のワイルド個体のペアが!
それを見つけた長男は欲しそうな顔(^_^;)

一瞬、見て見ぬふりをしましたが、値段も3000円そこそこでしたので、採れるか採れないか分からないのに何度も足を運ぶガソリン代と手間を考えたら買った方が早いかなと言うことで、元気そうな個体を長男に選ばせて購入!

68mmだったかな。いや〜カッコいいですね!

このペアも購入後、1週間ほどペアリングさせて、産卵セットを組んで只今、絶賛産卵中!
あまり沢山獲れても困りますが、ミヤマは中々産まない個体もあるとの事なので、幼虫が見えるまで♀は産卵セットに入れたままにしようと思ってます。

また、ミヤマは低温でないと産卵しないみたいなので、オオクワガタの幼虫用に作った簡易温室に凍らせたペットボトルを置いて、21〜22℃をキープさせています。

ヘラクレスオオカブト

次に紹介するのはヘラクレスオオカブト。

これもペットショップで初令幼虫を購入。
数ヶ月後、オスメスの判別をしたら、なんだか♀っぽいぞ(・・?)と言うことで♂の幼虫も購入し、現在は2匹に。

孵化日が2021年3月と4月と書いてあるので、既に1年以上経過していますが、未だに幼虫のまま。このまま成虫になるのか不安です。

上の画像は♂の幼虫なんですが、孵化してからすでに1年4ヶ月経過してますが、体重が36gしかありません。
本来ならこの倍以上の体重があっても良いと思うんですが、どーなんでしょう?
このまま成長しないとカブトムシサイズのヘラクレスなんてこともあるのかな??

オオクワガタ

これはもう説明不要!クワガタの王様ですね!

去年の10月頃に初令の幼虫を購入し、菌糸ビンで育てること9ヶ月。
ようやく成虫になりました!

孵化日が10月と遅いので、購入後は菌糸ビンへ投入し、先程の簡易温室を製作し冬の間はヒーターで温度管理を行い、冬眠させずに飼育しましたが、孵化の遅い個体は大型にはならないとネットに書いてあった通り8匹中、1匹お亡くなりになり現在は7匹ですが、79mmが今の所の最大サイズです。

まだ、掘り出していないのが4匹残っているので、80mmを超える個体が出ないとは言い切れませんが、一番大きな幼虫だったのが、これですので残りの4匹も70mm代と♀だと思います。
産地は韮崎産ですので、まぁ大きい方なのかな??

その他のカブクワたち

写真には収めてはいませんが、その他にコクワガタ1匹とカブトムシのペアがおります。
カブトムシは1シーズンですが、コクワは越冬しますので、夏のうちに元居た場所に戻してあげようかなと思っております。

と、まぁ、こんな感じで数種類のカブクワたちを飼育しておりますが、今後ブログのメインのなるのはオオクワガタさんたちですかね。
今年羽化した個体については、来年に活躍して頂くとして、新たに大型血統の幼虫も仕入れてきましたので、羽化するまでの様子をお伝え出来ればと思います。

こんな感じで、カブクワの飼育日記を始めた訳ですが、今までは釣りに特化したブログでしたので、これからはどのくらいの方が見に来て頂けるのかはわかりませんが、ちょくちょく更新していきたいと考えておりますので、暇な時にでも見に来てやって下さいm(_ _)m

それでは、最後まで読んで頂き、ありがとうございました!