リチウムバッテリー「リチビー」をエレキ用バッテリーに導入しました~購入レポートその1~

リチウムバッテリー「リチビー」をエレキ用バッテリーに導入しました~購入レポートその1~
現金がどんどん貯まるオンラインモール

こんにちわ!yammy(やーみぃ)です!

今回は巷で噂のリチウムバッテリーをエレキ用のバッテリーとして導入しましたので、ご報告と実際に使用してみた感想などをお伝え出来ればと思います。

リチウムバッテリー導入の理由

今回、リチウムバッテリーを導入した理由ですが、ズバリ楽したいから!( ̄∀ ̄) です。

私のエレキは54lb12V用をカスタムして現在は82lb24Vとなっていまして、既存の鉛バッテリーM27MFを2個で運用していましたが、この鉛バッテリーは1個で約24kgもするんですね。

それを釣りに出かける度に家→車→ボート→車→家と運搬していました。

1個で約24kgですから腕力のない私は1つづつ運ぶのがやっとで2個まとめて運ぶなんて到底無理!
なので上記の運搬を2回繰り返す訳なんですが、釣行を終えてからこの作業をするのは非常に辛い(>_<)

ただでさえボートで釣りをするという事は普段使わない筋肉を使うわけで非常に疲れます。


それに追い打ちをかけるかのようなクソ重いバッテリーの運搬。
しかもこれから暑い時期になりますのでこの運搬だけで体力・気力共に失われて行きますし大量の汗をかきます。

これを何とか軽減出来ないかと言うのが今回リチウムバッテリーを導入した理由です。

リチビー 24v 60Ah

今回導入したのはプロショップ オオツカさんから発売されています「リチビー」という商品で24v 60Ahの物を購入しました。

このリチビーですが、24v 60Ahで重量がなんと15.6kgしかありません!

今までは12vのバッテリーを2個使用していましたが、これは1個で24vありますので運搬も1往復で済みますし、48kg→15.6kgですから約33kgも軽くなるわけなんですね。

年頃の女の子からしてみたら羨ましいくらいのシェイプアップですよ(笑)

段ボール箱に丁寧に梱包されていいて、バッテリー本体の他に取扱説明書・バッテリーカバー・六角レンチが同梱されていました。

六角レンチは使いづらいです(;^ω^)
(メガネレンチの方がありがたかった・・・・・)

バッテリーカバーが付属されているのは嬉しいですね~!
これ単体で購入すると3,240円ですから、ありがたいことです。

充電器の方は10Aの物を購入しました。(私が購入した時点では20Aは売切れ)

20Aの方が早く充電が終わるそうですが、10Aでも、従来のバッテリーと比べれば格段に充電時間は短縮されると思います。

付属品は取扱説明書。(おそらくバッテリーに付属されていた物と同じ説明書です)

使い方は簡単でバッテリー本体の+と-につないでコンセントを入れるだけで自動で充電が始まり満充電になると自動で終了しますので説明書を見るまでもないかとは思います。

実際に使用してみた感想は?

今回、相模湖での釣行時に使用した感想は、やはり楽ちん!という事。

バッテリーの運搬も1往復で済みますしバッテリー1つの重量が軽くなった分、片手にバッテリーを持ちながらもう片手で他のもをを持つ事が出来ます。

鉛バッテリーでは1つのバッテリーを持つので精一杯でしたが、リチビーは両手に荷物を持つことが可能になりました。
なので何度も桟橋を行き来しなくて済むようになりました!

更に充電の時間ですが、満充電までに3時間もかかりませんでしたので充電時間も約半分くらいの時間で済むようになったと思います。

また、容量の問題ですが、60Ahで十分1日持つ容量だと思います。
ショップの検証によれば15時間で23.17kmと言う検証結果が出ています(使い方によって変わってくると思いますが)

そんないい事尽くめなリチビーですが、1つだけ欠点と言うか、改良点がありました。
それは、バッテリーを運搬する為のベルトです。

どこか頼りないペラペラなナイロンベルトに取っ手部に縫い付けられたナイロン製のグリップ。

初めて袋から取り出す際に取っ手の縫い目がビリビリっと写真の状態に。

軽くなったとは言え15kgの重量がありますから、そのうち重さに耐えられず切れてしまいそうな気がしますし、やはりこのグリップでは持っていて手が痛くなりますね。

耐久性については恐らく重さに耐えられる設計にはなっていると思いますが、精神的に不安を抱えながらになってしまいますし、グリップも持ちづらいので自身で何か改良したいと思います。

値段に見合う効果(価値)を得られるのか?

勿論、効果は十分に得られると思いますが、何に価値観を得るのかで変わってくると思います。

実際問題として現時点(2019.6現在)で私が購入したセットを購入する場合

バッテリー1個、176,040円と

専用の充電器、20,520円

合計196,560円という高額な買い物となります。

なので、この金額をどのように考えるのか?ということになるのかなと思います。

ぶっちゃけ、私にとっても安い買い物ではありませんし、2児の父親が容易に出せる金額ではありません。
なので毎月、釣具に投資するお金をバッテリーに回す事にしました。

タックルやルアーに投資する方が「釣る」と言う意味では、より多くの魚を手にできると思いますが、私はそのお金をバッテリーに回す事にしました。

私は「釣る」と言うよりは「楽」を買った事になります。

そこに価値観を見出せるか否か?で変わってくるとのかなと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、リチビー導入のご報告と、ちょっとした感想を述べさせて頂きました。

次回はレンタルボート用にセットする為に色々と配線を直しましたのでその辺についてもご報告したいと思います。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。