初めてのメバリングロッドの選び方とオススメ~メバリングを始めよう!~

初めてのメバリングロッドの選び方とオススメ~メバリングを始めよう!~
現金がどんどん貯まるオンラインモール

こんにちわ!yammy(やーみぃ)です。

今回は、これから本格的にメバリングを始めてみようと思っている方へ私の経験を踏まえて、メバリングデビューするまでに必要な物をシリーズ化してお届けしようという企画です。

第1弾はロッド編。
私の独断と偏見でおススメのロッドをご紹介していきたいと思います!

はじめに

単にメバリングと言っても、釣り方は様々ありますが、ここではジグヘッド単体でのリグを主体にした釣り方にオススメなロッドをご紹介します。

また、「とりあえず始めてみようかな〜」「でも、長く続くか分からないしな〜」
と考えている方にとってはあまり参考にならないかも知れません。

あくまでも、これから本格的に始めるぞ!と意気込みがある方への内容になっています。

また、私の独断と偏見でご紹介させて頂きますので、全てを鵜呑みにせず、参考程度にしていただけたらと思います。

入門用ロッドを買ってはいけない!

いきなりですが、初心者は入門用のロッドは買うべきではないと思っています。
初心者だからこそ、良いロッドを買っていただきたいと思います。

世の中には各メーカーから入門用のロッドが出ていますよね。
価格も実売5,000円〜7,000円前後の価格設定で買い求めやすく、初心者の方の手が届くように設定されています。

手軽に始められる価格帯とあって”とりあえず”と買ってしまいがちですが結果、買い替える事になると思いますし、最初の1匹を取るまでに時間が掛かってしまうと思います。

では、入門用ロッドとそうでないロッド。何が違い、何処に影響するのか?私なりの持論を述べていきたいと思います。

価格と性能は比例する!

世の中どんな物でもそうですが、価格と性能は比例します。
ロッドで言えば軽さであったり、感度であったり、使っている素材の違いであったりと。

腕も無いのにそんな性能要らないだろ!
と思うかもしれませんが、腕がないからこそ道具の性能にカバーしてもらわなければいけないと思っています。

基本的にメバリングはナイトゲームが主体となります。
暗い中での釣りと言うのは、日中の明るい時間帯に行う釣りとはまるで変わってきます。
目を瞑って釣りをしているのと同じで、ルアーが何処に着水したか分からないし、細いラインなんて手元くらいまでしか見えません。

目で見る情報が役に立たないんですね。

そこで必要になってくるのが、手元に伝わる感覚なんです。

釣行経験豊富な上級者の方たちは、どんな些細な情報でも読取る力があります。
なので、入門用ロッドでもそれなりの釣果を得られるでしょう。

では、釣行経験の乏しい初心者はどうでしょうか?

感度の悪いロッドでは情報を読取る事は出来ませんよね。
そこで、必要となるのがロッドに備わってる感度なんです。

ナイトゲームにはトラブルが付き物

釣りに慣れていない状態ではトラブルが付き物です。

先にも述べた様に、目を瞑った状態に近いナイトゲームとなれば尚更のことです。

特に多いトラブルはライントラブル。

ロッドで言えばティップやガイドにラインが絡む糸絡みです。
細いラインやPEラインを使った時に良く起こる現象ですね。

原因は色々とあるんですが、ある程度のコツとロッドの操作に気を使ってあげることで軽減出来ますが、性能の良いロッドには糸絡みが軽減されるガイドがセットされていたり、工夫がなされていたりします。

釣りをやる上でライントラブルは非常にストレスです。
頻繁にトラブルが起きるようでは釣りになりませんし、ルアーが水に浸かっている時間が短くなれば、釣れる確率も下がりますよね。

なので、トラブルが無いに越した事はありません。
ライントラブルを軽減するには、ロッドの性能が良い方が良いということになります。

軽さは正義

続いてはロッドの重量です。

これは、安いロッドと高いロッドでは数字として現れる部分なので、比較しやすいですよね。

ロッド(リールもそうですが)は軽いに越した事はありません。
1〜2時間の釣行ではあまり気にならないとは思いますが、5〜6時間以上釣りをすると腕に相当な負担がかかります。(おそらく筋肉痛になるんじゃないでしょうか)

なので、手に持つ物は軽い方が良いと言うのはお分かり頂けると思います。

ちなみに、ダイワの入門用ロッド メバリングX 74ul-sの自重は108g。
私が所有している月下美人 AIR AGS 74ul-sの自重は70gと実に38gも差があります。

この38gを重いととるか?軽いととるか?
ただ、この差が腕には相当な負担になるのは間違いないはずです。

yammyのオススメロッド

それでは、私がオススメするロッドをご紹介させて頂きます。

上記に挙げた内容を踏まえ、価格面と性能を考慮し、オススメするロッドを釣具の2大メーカーそれぞれ2機種づつに絞りました。

更に、チューブラーティップとソリッドティップ2種類のロッドがありますが、断然ソリッドティップをオススメします。

理由としては、食い込みが良いと言うことと、軽いルアーが投げやすいと言うこと。
時には1g以下のジグヘッドを投げる事もありますが、アンダー1gを扱うなら断然ソリッドティップがオススメ!

◼️ダイワ

月下美人 MX 74uls-s

created by Rinker
¥25,931 (2019/07/18 09:55:19時点 楽天市場調べ-詳細)

月下美人 AIR AGS 74ul-s

created by Rinker
¥28,690 (2019/07/19 03:13:40時点 楽天市場調べ-詳細)

この2機種はロッドのカーボン素材、ガイドの素材に違いはあるものの、メガトップと言われるダイワ独自の高感度ソリッドティップを採用していると言う事です。

チューブラーティップに近いソリッドティップで、感度と食わせを両立したティップと言われています。

また、月下美人AIR AGSはエアガイドシステムと言われるガイドを採用しており、軽さと感度、飛距離もアップすると言われています。

◼️シマノ

ソアレ ss s76ul-s

created by Rinker
¥19,656 (2019/07/18 09:55:19時点 楽天市場調べ-詳細)

ソアレ ci4+ s706ul-s

created by Rinker
¥28,099 (2019/07/19 03:13:40時点 楽天市場調べ-詳細)

シマノも同じ様にカーボンの素材やガイドの素材等、細かな違いはありますが、タフテックαといわれるシマノ独自のソリッドティップを搭載しており、強度としなやかさを持ち合わせています。

また、ソアレ ci4+ は重量59gと4機種の中では圧倒的な軽さを誇ります。

ダイワシマノ共に自社オリジナルのソリッドティップを搭載し、軽く感度も良くトラブルレスと言う事で、上記の4点をオススメロッドとさせて頂きました。

この4点であれば、性能に大差ありません。(細かい事を言えばそれなりに差はありますが)

価格は、約18,000円〜28,000円程です。
ご自身のお好みと予算の兼ね合いで決めてみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

たかが釣り、されど釣り。
趣味というものはお金がかかりますよね。

どんな趣味でも同じ事だとは思いますが、それなりに本格的に趣味をやるとなるとお金がかかるものなんですね。
だからこそ無駄な買い物をしないよう、最初からそれなりの物を買っておけば、長いこと使えるという事です。

かく言う私も始めは入門用ロッドから入りました。

上手くなってから良いロッドにすればいいやなんて思っていましたし、こんな高いロッドは勿体ない。宝の持ち腐れだ!と思っていました。
結局は使っているうちに色々と不満が出てきて、あれやこれやと買い替えていった経緯があります。(それも趣味のうちと言えばそうなんですが・・・)

最終的に、現在所有している月下美人 AIR AGS 74ul-sに落ち着いたんですが、ここに落ち着くまではそれなりのお金を投資しました。
今思えば、最初からそれなりの物を買っておけば良かったなと思っています。

初心者の方が入門用ロッドを使用すると釣れないとか、使用してはダメだと言うつもりではありません。
最初から良いロッドを使ったほうが近道だということです。

今回、ご紹介した事は私の経験を元にした私なりの持論です。
各々の予算もある事でしょう。
趣味なだけに、いくらでもお金を掛けられるわけではありませんので一番なのは自身の予算に合わせて無理のない範囲で趣味をする事だと思います。
そして、皆様の参考になれば幸いです。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。