釣った魚を計測しよう!~自作フィッシングメジャー~

釣った魚を計測しよう!~自作フィッシングメジャー~
現金がどんどん貯まるオンラインモール

こんにちわ!yammy(やーみぃ)です。

 釣れた魚を写真におさめる際やSNS等にアップする際に魚の大きさを図るフィッシングメジャーを使用する方が多いと思います。
各メーカーより様々なメジャーが出ていると思いますが、今回はそんなフィッシングメジャーを自作してみましたのでご報告いたします。

フィッシングメジャーを自作しよう!

世の中、様々なフィッシングメジャーが出回っていますよね。

私も釣れた魚にフィッシングメジャーをあてがいブログやSNS等にアップすることがよくあります。

当初は市販のフィッシングメジャーを使用していましたが、最近はあまり使用しなくなりました。

折りたたんでコンパクトにできる分、持ち運びは良いので、常にタックルボックスの中には入っているんですが、使わなくなった理由としてはメジャーを取り出すのがめんどくさい!折り曲げてたたんでいるのでメジャーがたわむ!

この2点に尽きます。

基本的にキャッチ&リリースなので、サクッと写真撮って逃がしてあげたいじゃないですか。
なので、よほどの大物に巡り合わない限りはメジャーを使わなくなってしまったんですね。

 しかしながら、今後ブログを続けていく上ではやはりフィッシングメジャーは必要。

そこで、サクッと測れてたわまない(正確な寸法が測れる)メジャーが何か無い物かと物色したんですが、いまいちピンとくる商品がなく今回の自作に至るということです。

どんなメジャーを作るの?

バス釣りをやられている方(特にボートで)は馴染みがあるかとは思いますが、プランターメジャーなるものを作っちゃいます!

プランターメジャーとは、花壇に使うプランターのお皿

こんなやつですね。

と、シール素材で出来たメジャーステッカーを張った物です。

早速、制作開始!

まずは、材料であるプランター受皿とメジャーステッカーを用意します。

今回は、ライトソルト用と言うことで、40cm×16.5cmの受皿とダイワのCPメジャーステッカーを購入してきました。

それでは、早速ステッカーを張っていきたいところですが、受皿の内側に耳が出ているので、まずはそこを削ります。

ニッパーである程度切った後にカッターやミニルーター等で仕上げていきます。

その後、メジャーステッカーを張り付け!

40cm幅の物ですが、内寸は約36cmでしたので必要のない部分はカッターで切りました。

ってことで、なんも難しいことなくこれにて完成!

魚を測ってみるとこんな感じ

魚の代わりにジョイクロを測ってみましたが、これであればバッチリ魚のサイズがわかりますね!

実釣の際はポイントについたら予め取り出しておいて、魚が釣れたらこのプランターメジャーの上に乗せてパシャリ!

実に簡単で迅速に撮影が出来ちゃいますね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回制作したプランターメジャー。
バス釣りをされている方には馴染みがあると思いますが、ソルトの方はこれを使っている方はあまり見ませんね。

やはり持ち運びの問題からなんでしょうか?
クーラーボックスに直接メジャーステッカーを張り付けている方が多い気がします。クーラーボックスに張ってしまえば荷物が一つ減りますしね。

私も今回はじめて導入するので、使い勝手が良いのか悪いのか?しばらく使ってインプレしてみたいと思います。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。