月下美人AGS76L-S~DAIWA 月下美人2機種をインプレ!~

月下美人AGS76L-S~DAIWA 月下美人2機種をインプレ!~
現金がどんどん貯まるオンラインモール

こんにちわ!yammy(やーみぃ)です。

今回は現在、私が所有するメバリングロッドを2回に分けて簡単なインプレをしつつご紹介してみたいと思います。

第一弾は月下美人AGS76L-Sです。

ちなみに、現在は廃盤となってしまった機種ですので、あまり需要はないと思いますし、皆さんの購入の手助けにはならないと思いますので「あいつこんなの持ってんだな」くらいに見てみて下さい。

現行の月下美人 AIR AGS 74UL-Sのインプレはこちらからどーぞ。

http://yammys.net/daiwa-ags-gekkabijin74uls/

月下美人 AGS 76L-S

現在は廃盤になっているロッドですが、定価は4万円後半ほどの高級ロッド。
上位機種に月下美人EXがありますが、その上位機種と遜色のないスペックを持ち合わせております。

それまでは月下美人79UL-TとクロステージS732ULを使っていましたが、ライントラブルや感度面で不満があり、何か良い物はないかなと思っていた矢先に中古で発見!即購入に至りました。

このロッドの特徴はメガトップと言われるダイワオリジナルのソリッドティップとAGSと言われるダイワオリジナルのガイドが搭載されていること。

ゴールドを基調にレッドを配置した気品あふれるデザインですね。

メガトップソリッド

竿先から4つ目のガイドまでがソリッドでそれ以降はチューブラーとなっていまして、4つ目のガイドで連結されていますが、違和感なく取り付けられています。

ロッドに負荷を掛けてもキレイに曲がってくれますね。

竿先は細く一見、柔らかそうに見えますがチューブラーのような張りがあります。

AIR GUIDE SYSTEM

ロッドの先端部以外に軽さと感度を両立したエアーガイドシステム(AGS)が搭載されています。(先端部は確かチタンガイドだったような・・・)

ガイドの素材がカーボンで出来ており、従来のガイドよりも40%ほど軽くなったことで、ロッドの軽量化と軽くなることによってキャスト時の振り抜きスピードが上がる為、飛距離も増すと言われています。

見た目も普通のガイドよりカッコいいですよね。

グリップデザイン

グリップ周りは好みが分かれるところではありますが、軽量化の為に不必要なものを削ぎ落されたかのようなデザイン。
リールがちゃんと固定できるのか?と思いましたが、キチンと固定できます。

実際に握ってみると握りやすく、しっかりとグリップ出来ている感じはありますが、手のひら辺りに空間が出来るので、少し違和感を感じますね。

インプレッション

このロッドはジグヘッド~プラグ、キャロやスプリット、フロートリグまで何でもこなせてしまうバーサタイルなロッドだと言えます。
レングスも7.6フィートあり、長めなロッドですのでフロートリグなども操作しやすいのですが、決して取り回しが悪いほどでは無い長さ。

ロッド1本で何でもこなしながら身軽にランガンしたいなと言うときにはこの1本さえあればOK!

更にメガトップとAGSの恩恵は大きく、軽量なルアーの投げやすさとショートバイトをも逃さないメガトップは自分の中では理想としていたものでした。
また、AGSガイドとの相乗効果もあってか感度が良い!

AGSガイドも糸絡みもなく、糸抜けが良いせいか飛距離も伸びたように感じます。(おそらく数mの差だとは思いますが、その数mが釣果に左右する場合もありますからね。)

そんな良いとこ尽くめのようなこのロッドですがバーサタイルなロッドであるが故に1gくらいのジグヘッドが気持ちよくキャスト出来ないんです。

メーカーの基準では1.5g~となっていますので、それ以下の物は投げ辛いのは当然と言えば当然なんですが。

メーカーの基準通り1.5gからは快適にキャスト出来ますので、重めのジグヘッドやプラグなどに向いているのかなと思います。

今でも現役で使っていますが、ジグヘッド単体の場合は74UL-Sの方が使い勝手は良く、プラグやスプリット、キャロなどに使用しています。

現在、私の中では現行の月下美人 AIR AGS 74UL-Sにその座を奪われてしまいましたが、メガトップソリッドとAGSの良さを感じさせてくれたロッドでもあります。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。