津久井湖オープン第2戦

津久井湖オープン第2戦
現金がどんどん貯まるオンラインモール

こんにちわ!yammy(やーみぃ)です。

今回は12月8日に行われた津久井湖オープン第2戦に参戦して参りましたので、その様子をご報告致します。

まぁ、完全なる凸記事ではありますが・・・・
最後までお付き合い頂ければと思います。

プラクティス

本編に行く前にまずはプラの様子からという事で、前回の記事に続きオープン1週間前プラクティスのお話しです。

そして、オープン前日は予定がありプラに出れない為、オープンの1週間前が最後のプラとなりましたが、とりあえず1本取ることが出来ました。

この日は自分の中で良さげなポイントを絞り込んでおいたのでプラン通りには行動できたかな。

出船後はプラン通りに3番付近の立木周りに直行。
風が強かったのとゴミに囲まれていたこともあって一先ず3番の岬周りをチェックしました。

魚探でベイトの反応を探しましたが、これといったものは見つけられなかったので広範囲にメタルバイブでサーチするも釣れるのはゴイニー先生ばかり(;^ω^)
そんなこんなしているうちに風も収まった所で本命の立木周りに入ります。

ダウンショットを落としてシェイクを繰り返しているうちにラインが左の方へ流れていく!

これは間違いなくバスの反応!

スピニングタックルなので、フッキング後は立木に巻かれないよう少々強引にファイトし何とか本命をGET出来ました!

その後は馬渡の崩れ、鐘ヶ淵、豚小屋下、寺下と回りましたが、この日はこの1匹のみでした。

なので当日のプランとしては唯一魚の反応を得られた立木周りを巡るという事だけ。
時間的に上流から下流まで全ては巡れないので下流域の立木・スタンプを狙うと決め、それ以外のプランはありませんでした。
と言うより考えつかなかったといった方が正解ですかね・・・・

オープン当日、鼻からプラン崩れる

当日は6時過ぎに現地入りしましたが既に大勢の方々。
皆さん朝から気合入ってますね~

この日は日中晴れる予報でしたが、朝はそれなりに寒い。
なので防寒インナー・フリース・ライトダウン・防寒レインと完全防寒体制でしたが、さすがに重ね着しすぎたのかセッティングの段階で大汗をかきました(;^_^A

それはさておき、見出しにあるようスタート直後から私が立てた唯一のプランが崩れる事になります。

この写真をご覧いただければお分かりになるかと思いますが、スタート直後、他の選手と比べて随分と遅れを取りました。

下流方面に向かうグループの中ではほぼ最後尾に近い状態です。

まず初めに3番付近の立木に入ろうと狙っていましたが、遠目から見て既に入られていたので馬渡の崩れに進路を変えるも先行者(;´Д`)

ならば鐘ヶ淵は!?

ここもダメ。

じゃあ中澤方面へ!

あ・・・・入られてる・・・・

この段階で頭が真っ白((+_+))
行きたいところは全て先行者がいて、この段階で既にプランが崩れ始める。
なので、とりあえず中澤ワンドでプランの練り直しです。

しかし、ワンド内に入りプランを考え直すか否かと考えるもその他のプランが思いつかず、早くも外道狙いに気持ちを切り替える事にしました。

という事で寺下まで移動。
メタルバイブをしゃくる事数十分。

ようやく外道GETです!

ひとまずライブウェルにキープしサイズアップを目指すも、外道にも嫌われたようで反応がぴたりとなくなってしまいました。

結局、この日つれた外道は写真の1匹とノンキーの1匹のみで入れ替えならず。

本命のバスは凸

本命の方はと言いますと、結局入りたい場所には常に誰かがいる状態で、あっちに行ったりこっちに行ったりと迷走状態。

今となって考えてみれば、そりゃぁ私みたいな者が考え付くようなプランですから当然、他の選手の方も考えつきますよね・・・・考えが甘かったです。

更に追い打ちを掛けるかのように、午前中の早い段階で釣りあげたゴイニー先生を入れたライブウェル。
ある時、後ろで水が漏れているような音がしたので振り向いてみるとライブウェルの縁から水が漏れてる( ゚Д゚)
覗いてみると、どうやら排水口が船のガンネルより低い位置にあるため、水がオバーフローしていない状態で水が縁から溢れてきてしまう(ある意味オーバーフローですね)みたいでして、10分置き位に1回は排水作業をしてやらないと水がどんどん溢れてきます。

そんな作業を繰り返しながらも豚小屋等、色々周って見たものの、なんか釣れる気がしないというか、集中力が続かないというか。
そーなるともうダメですね。この時点で気持ち的に試合終了ですよ。

唯一、12時近くになって一番最初に入りたかった3番の立木が空いていたので、ようやく本命の場所に入ることが出来ましたが、バスからの答えは帰ってくる事なく終了です・・・・・(;_;)/~~~

何もネタがなかった時にと思い撮っておいた風景写真。
やはり、使う事になりましたね・・・・(T_T)

第2戦結果

当然、私は凸なのでポイントを頂く事は出来ませんでしたが、多くの方々がバスを持って帰着されていました。

60数名中、18名くらいの方々がバスを持って帰ってましたね。
表彰式にて上位の方々の話しを伺いましたが、シャローからディープまで様々な釣り方でしたがレベルが違いすぎて私にはあまり参考にならなかったですが(;^ω^)

詳しくはこちらをご覧いただければ、詳細が見れますので、気になる方は参考にしてみてください。(津久井湖オープン公式のサイトに飛びます)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

初戦に続き、第2戦も凸に終わってしまいましたね。
しかし、元々「参加することに意義がある」「この経験が次に繋がるのでは」という思いで参加していますので、凸った事に関しては仕方がないというか、元々釣れるとも思ってはいませんが、自分のやりたい事をやれなかったという事が唯一、悔いの残る形になってしまいました。

前回もそうでしたが、良さげな場所と言うのは他の選手も同じ事を考えている訳ですし、頭の中で練ったプラン通りになんて行かないのは当然の事なんですね。

それを踏まえて、次回は第2・第3のプランを練っておかねばならないという事と、そのプランが崩れた時にどう動くのか?という事まで考えておかなければ今回の二の舞を踏むことになりそうです。

次回は1月ですから、更に釣れにくくなると思いますし、良い場所には人も集中するでしょうから、その点も考えていかなければという事で、今年も残すところわずかとなりましたが、出来る限り湖上に出て精進していきたいと思います。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。