相も変わらずドSな津久井湖でした

相も変わらずドSな津久井湖でした
現金がどんどん貯まるオンラインモール

こんにちわ!yammy(やーみぃ)です。

今回は約2カ月ぶりにホームの津久井湖へ行って参りました。

昔からドSで有名な津久井湖嬢。
相も変わらずドSっぷりを見せてくれましたよ~

それでは最後までお付き合いください。

釣行データ

釣行日時:7月6日 6時00分 ~ 17時00分
天候:雨のち曇り
水温:20.1℃~
水質:笹濁り(赤潮発生)
釣果:2匹

津久井湖嬢、お久しぶりです!

最後に津久井湖へ出かけたのはGWの初日。
何とか初バスをGETでき、5月~6月は並木カップに向けて相模湖へ行きましたので約2カ月ぶりの津久井湖です。

あの大減水から大雨によって水位は回復し、貯水率は通常の夏水位へと回復。
久しぶりに眺めた津久井湖は普段と変わらない景色で向かい入れてくれるはずでしたが、いたるところに浮きゴミが散乱し、この時期特有の赤潮が発生。
釣行前から既にドSっぷりを見せてくれています(;^ω^)

今回も中村ボートさんから出船(いつもお世話になっております)
状況を伺うと、釣れてはいるものの回復が遅いようでライトリグが中心との事ですが、持ってきたタックルはベイトタックル5本、スピニング1本と天候を鑑みての強気なセッティング・・・・・
しかも、出かける直前までスピニングは持っていく予定はなく念のためと虫ルアーがついたまま持ってきたのみ。

不安が頭をよぎりながらも一先ず出船です。

朝一の水温はこんな感じでした。

この日のプランとしてはノープランでしたが、翌日のNBCチャプターのプラによって湖上は混み合うだろうと思い中上流域はパス。下流域でのんびりといったプラン。

そして、箱の中で眠ったままのダッジでバコーン!と出てくれたら最高!という事で準備を進めてまいりました。

不安と希望を抱きいざ出船

そそくさと準備を済ませ、出船は6時過ぎ。

先ずは、おかっぱりの方が表れる前にと放水路に向け舵を取ります。

しかし、浮きゴミが行く手を遮る((+_+))

遠目に見てもかなりの範囲に浮きゴミが散乱していて、行けなくはないけど「行っても巻けないしな~」という事で、水中島方面に反転します。

まずは水中島から中沢方面に向けダッジで流しますが、何の反応もありません。
バイトはなくともチェイスか何かがあればやる気も持続できるのですが、それすらありません。
なので、早々にトップを見切りレンジを下げるべくチャターへ変更。

すると、すぐに子バスのチェイスがありますが「君たちじゃないんだよな~」(そーいやー子バスは浅いレンジで元気ですってボート屋さんのお兄ちゃんが言ってたな・・・・)
とりあえずは魚からの反応を得られたので、このまま中沢ワンド~ダムサイトまで流します。
中沢ワンド内はおかっぱりの方が居られたので、入り口付近を流しダムサイトまで行きますが、この辺りは万年浮きゴミが溜まっているので、桟橋付近を軽く流した後に対岸へ渡ります。

1匹目GET!

対岸に渡り矢口桟橋までチャターで流しますが、子バスのチェイスのみ。

折り返し矢口桟橋から寺下まではシャッドを流します。
これなら子バスも食えるだろうと、早々に子バス狙いに変更しますが、子バスのチェイスすらなくなる・・・・・

途中、寺下付近のちょっとした流れ込み付近にベイトの反応が良く、見えバスを発見したポイントまで戻りDSで付近を探るとバイトがでた!

ただ、「ツン!」とか、「ツン!ツン!」といったショートバイトで、ギルかな?とも思いましたが、しつこく誘っているとようやくノった。

大きくはありませんが、何とか1匹目です!

サイズは27cmちょいといったところでしょうか。

ただ、バイトが浅かったのか口の皮一枚でした。

その後は「無」の時間、最後にようやく

ボート屋さんのお兄ちゃんが言ってた通り、まだ回復しきれてない様子。

その後は昼休憩もろくに取らず、ひたすらDSで下流域を回りますが反応はありません。
途中、神社跡や日赤方面にも行きましたが反応はなく、豚小屋下で休憩も兼ねてのんびり。
最初の1匹が9時過ぎで14時近くまでバイトすらなし。
豚小屋下で1時間ほどのんびりした後に反応の良かった寺下に移動しようと船を進めていくと、朝の時点で大量にあった放水路付近のゴミが流されていてボートも入っていなかったので、全速で放水路に向かいます。

幸いな事におかっぱりの方も放水路を狙っていなかったので、遠慮なく撃たせていただく事にしました。

放水路直下や周りの駆け上がりをDSで落としたりズル引いていると、小さなバイト!

送り込んでからフッキングすると、それなりに良い引き!
一気に浮上しジャンプした後にグイグイと潜られるもすぐに力尽きたのか、あっさりと上がってきてくれました。

40UPいったかも!と思いましたが

残念!40UP届かず。

この子も小さいバイトで、口の薄皮1枚にかかっていたので下手したらバレてたかも。
潜られた時、もしかしたらとドラグを緩めたことと、あっさりと観念してくれたので取れたのかもしれません。

その後しばらく粘りましたが、新たにおかっぱりの人がやって来たので邪魔にならぬよう場所を移動しましたが反応はなく、最後に寺下方面に移動。
ここでダメなら帰着しようという事で寺下方面に移動しましたが、結局ショートバイトを1回もらったのみでした。

まとめ

今回は、急遽持って行ったスピニングに何とか助けられ2本取ることが出来ましたが、持っていかなければ完全に凸を食らっていたところです。

中上流域は分かりませんが、下流域はまだまだスポーニングから回復していないようでしたので次回のタックルセッティングが悩ましいところです。

それと、中村ボートさんのボートが増えカラーリングも一新したそうで、レッドヘッドのカラーリングボートなどがありました!
今後もカラーリングボートを増やすそうですので是非乗ってみたいですね~!

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。